メニュー

建設業界の繁忙度

JOB

資格保有者の不足

日本では東京オリンピック・パラリンピックの施設整備やインフラ整備、訪日観光客の増加への対応のための施設整備等が重なっており超繁忙が継続しています。建設業界は少子高齢化の影響もあり、施工管理を中心に高齢化の進展が進んでいます。施工管理者の不足に対応するために建設各社では求人活動を加速させておりますが、業界全体の労働条件が厳しいこともあり、求人への応募が少なくなっています。建設業界では施工管理要員の不足に対処するために定年退職者の再雇用を実施する傾向が顕著になっています。従来であれば求人や派遣に応じていたOB世代が継続して勤務するために求人市場に組み込まれなくなっています。新卒や第二新卒での対応は施工管理の資格を取得するためにある程度の期間を要するため、即戦力とはなりませんので、対症療法にはなりませんが、今後の業界の将来を見据えるとこの層を厚くすることも重要です。学生の間では建築や土木が敬遠される傾向がありますので、新卒の採用においては幅広い学部から受け入れることも必要になっています。海外の人材の活用も重要な要素となっており、行政サイドでも有力な求人分野との認識が高まっています。現在でも技能を保有している労働者の受け入れは可能となっておりますので、資格の共通化を推進することが必要ですが、日本での資格取得を教宣して意欲のある人材を求人することが今後の日本の少子高齢化に対応するための対策となります。

Copyright© 2018 貿易のセミナーへ申し込み【効率的な学習が可能】 All Rights Reserved.